福岡県全域の水回りトラブルはアール水道サービスにお任せください!トイレやキッチンの「つまり・水漏れなど」を丁寧に修理します!

ホーム > サービス事例 > その他 > 給水管工事

給水管工事

2018/02/17

コンクリートをはつり新しい給水管を宅地内に引き込んでいきます。

古い水道管は鉄の管や塩ビのグレー色の管が多いですが、新しい管は黒い塩ビの管が主流です。

ここから床下に入れて床下は青いカバーの付いたポリブテン管や架橋ポリエチレン管と呼ばれるものを台所・洗面台・トイレ・お風呂・洗濯機などの水回りまで持っていきます。

水道管の交換時期はそれぞれ見解がありますがおおよそ築30年以上で一度も引き換えていなければ検討してみるのもいいかもしれません。

また、あさ水を出すと赤い水が出たり、水の出が以前より悪くなったと感じたら一度点検を依頼してみると急に水道管が破裂するなどのトラブルを回避できます。

その際は必ず水道局の指定業者に依頼するように気を付けて下さい。